1. TOP
  2. CSR情報
  3. 重点テーマごとの活動
  4. ダイバーシティ&インクルージョン

ダイバーシティ&
インクルージョン

セプテーニグループと
ダイバーシティ&
インクルージョン

セプテーニグループには、性別・年齢・国籍に関わらず、意欲の高い社員には、多くのチャレンジ機会があります。様々な背景をもった社員それぞれが、自律した価値ある仕事で業績に貢献することが、グループの持続的発展につながるという考えのもと、行動規範「Septeni Way」のひとつ「Diversity」の通り、多様な働き方を推進、支援しています。

Diversity(Septeni Wayより)
ダイバーシティを競争力に。
私たちは、あらゆる人権を尊重し、多様性を認め合い、ひとりひとりの強みが発揮される働き方を実現します。

またセプテーニのロゴのコンセプトは「つよく、やさしく、おもしろく。」ですが、「やさしく」は多様性を認め合う姿を示したものです。グループのシンボルに表されているように、セプテーニグループでは、ダイバーシティ&インクルージョンを非常に重要なテーマとして認識し、活動に取り組んでいます。

つよく、やさしく、おもしろく。ひとりひとりのアントレプレナーシップで世界を元気に。どんなときも起業家精神を持ち、変化の大きい方を選んで結果を出す「つよさ」。成功体験や成長機会を仕組み化し、多様性を認めながら皆で共有する「やさしさ」。決して簡単ではないものを、楽しみながら独自のやり方で実践する「おもしろさ」。私たちは、これら3つの力で、新しい市場に、新しい世界に挑戦する。

多様性を活かす環境整備

差別ハラスメント対策

セプテーニグループでは、性別、年齢、国籍、人種、民族、宗教、思想、信条、社会的身分、障がいの有無、性的指向、性自認などによる差別およびハラスメントを発生させない環境を整えることで、ひとりひとりの強みが十分に発揮されるよう、継続的に活動を推進します。

  • 全社員向け学習

    ハラスメントの予防・防止や広告表現における人権配慮などを目的として、毎月eラーニングによる学習を行っています。

  • 管理職向けハラスメント研修

    ハラスメントの予防・防止を目的として、管理職必須参加のハラスメント研修を実施しています。ワークや事例などを多く取り入れた、実践的なトレーニング内容としています。

働き方改造の取り組み

2011年
事業会社にて成果と時短の両立の取り組みスタート
2015年
グループ横断「働き方改造委員会」発足
2016年
フレックスタイム制度の導入
2017年
リモートワーク導入に向けた準備
※2020年には、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的として、これまで準備した内容をもとに原則全社員がリモートワークに移行しました。