株式会社セプテーニ・ホールディングス株式会社
セプテーニ・
ホールディングス

インターネット広告業界の健全な発展

インターネット広告業界の健全な発展のためのポリシー
「セプテーニグループ 3つの約束」を中心に、取り組みを推進しております。

策定の経緯とポリシー

セプテーニグループは、2000年よりインターネット広告事業を開始し、市場の拡大と共に、ステークホルダーのみなさまのご支援により業績を拡大してまいりました。一方、インターネット人口の急激な拡大とテクノロジーの急速な進歩は、インターネット広告業界に様々な課題をもたらし、その解決の必要性が高まっていると捉えております。

このような状況を踏まえ、セプテーニグループでは、CSR活動の重点テーマ「インターネット広告業界の健全な発展」の取り組みのひとつとして、インターネット広告業界の健全な発展のためのポリシー「セプテーニグループ 3つの約束」を掲げ、活動を推進しております。

セプテーニグループには、すべての行動の指針として大切にしている行動規範「Septeni Way」がありますが、この「セプテーニグループ 3つの約束」は、インターネット広告事業における、より具体的で業務に直結するポリシーとして、日々の事業活動において根底となる考え方をまとめたものです。

私たちは、ステークホルダーのみなさまと三方良し(売り手良し、買い手良し、世間良し)の関係を築き、インターネット広告市場がより健全で、豊かで、魅力的に発展することを目指し、「Septeni Way」と「セプテーニグループ 3つの約束」に基づいた行動によって貢献してまいります。

インターネット広告業界の健全な発展のためのポリシー
「セプテーニグループ 3つの約束」
2016年11月2日制定
①真摯な対応
私たちは、真摯さがすべての基本だと考え、「損得より善悪」の精神で行動します。社会に対して有益な情報を、適切な手法で伝えることがインターネット広告の信頼につながることを常に意識し、ステークホルダーとの協力のもと、すべての関係者が笑顔になるよう活動します。

②品質向上
私たちは、関連する法令・関係者と合意したルールを遵守し、あらゆる事故・不正が起こりにくい社内オペレーション構築を目指し、教育と改善を重ね、サービス品質の向上にむけて邁進します。

③可能性への挑戦
私たちは、インターネット広告の価値向上とステークホルダーの満足度向上を目的として、新たな技術、手法へのチャレンジを続けます。

課題発見と改善

インターネット広告に関わる全従業員に対し、ポリシーを軸として業務についての課題ヒアリングを行い、役員を責任者とする会社横断のプロジェクトを中心に改善にむけて活動しております。課題発見と改善の動きを重ね、インターネット広告業界の健全な発展に寄与できるよう、取り組みを推進いたします。

インターネット広告業界の健全な発展イメージ01

社内への啓蒙・教育

業務に関連する法令、業界団体が制定するガイドラインや各広告媒体のルールを理解し、業務に活かすことを目的として、定期的に教育を行っております。

インターネット広告業界の健全な発展イメージ02

ステークホルダーからの声の反映

セプテーニでは年に一度、対象企業に対して顧客満足度調査を実施し、回答内容をサービスや社内体制の改善に活かしております。またGANMA!を運営するコミックスマートでは、ユーザーからのレビューを参考にサービスの改善につとめております。

インターネット広告業界の健全な発展イメージ03

Pマーク
当社では、個人情報保護に関するJIS規格に準拠した体制を構築し、プライバシーマークを取得。お客さまの個人情報の保全に全力で取り組んでおります。 ≫プライバシーポリシーについて